スポンサーリンク

バズった究極の手描き迷路! 大阪ほんわかテレビ 2021/3/5

世界中で話題となった究極の手描き迷路!

 

大阪ほんわかテレビ2021年3月5日放送、時間はかかるけど達成感が半端ないSPにて紹介。

 

きゃなばーどさんのツイート、「30年前父が7年と数カ月の歳月をかけて描いたA1サイズの迷路を誰かゴールさせかせんか」が世界中でリツイートされて大バズり。

 

 

かなり緻密な大きい迷路。一つ一つが細かくてかなり細い線で描かれたもの。

 

 

7年かけて手描きで完成した究極の迷路。

 

1983年7月に描かれたのだとか。

 

この緻密な迷路を描いたのは、野村一雄さん。

 

迷路を描いた動機ですが、ただたんに暇だったから。やることがなく、ただひたすら描き、深い考えはないとのこと。

 

この野村一雄さん作の手描き迷路をインターネットで販売したところ、累計で800枚以上を販売!

 

何がきっかけで売れるかわからんもんですね。

 

迷路のゴールは5か所。どれを通ってもクリア。

 

お笑いコンビの「学天即」が挑戦したところ、3時間20分でやっとのことクリア!

 

超難関の迷路です。

 

ちなみにこの究極の迷路には、2代目と3代目が製作されたのだとか。

 

3代目は超激ムズ。描いた本人さえやる気にならないのだとか。

 

例の迷路
@Kya7yこときゃなばーどと申します。twitterで8000回以上RTされ、世界中で有名になった「7年かけて完成させたお父さんの迷路」。A1サイズぎっしり、すべて手書きです。おおむねしっかりとした紙の印刷となります。そのまま額に飾っていただくことも可...

 

ホビーの関連記事】

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました