スポンサーリンク

不動産広告の間取り図を信用するとヤバイ ホンマでっか!?TV 2014/2/19

不動産広告の間取り図の寸法は実際の寸法と違うことがあり、信用するとヤバイそうです。

不動産広告を読め [ 高橋正典 ]

ホンマでっか!?TV 2014年2月19日放送で紹介されました。

不動産広告の間取り図はあくまでイメージなので、間取り図は厳密な縮尺ではない場合があるので、実際の広さより広く見えることがあるので要注意です。

広告に書かれている寸法を信じて、家具を購入したり、配置を考えたいすると、トラブルになることもあるそうです。

まれに建築図面が載っていることもあるそうですが、建築図面の部屋幅は壁の中心から測った数値なので、実際の空間のサイズとは違います。なので実際に物件を見て、自分で計測することが重要です。

また、物件の部屋の写真は広角レンズで撮影しているので、リアルに目で観る広さよりも広く感じるようです。

ともかく、部屋を借りるにしても、物件を購入するにしても、現地に出向いて自分の目で確かめることが必須です。