スポンサーリンク

誰でも簡単に綺麗にハンコを捺す方法 この差って何ですか? 2016/1/31

油断すると失敗してしまうハンコ。そんなハンコを誰でも綺麗に押すことが出来るという方法。

印鑑

この差って何ですか?2016年1月31日放送にて紹介されました。

ハンコを綺麗に押すプロ技を教えてくれたのは、文具のプロ、きだてたくさん。

一般的には、息をハァ~とハンコにかけたり、紙の下に新聞紙を敷いたりしますが、これでは上手に捺せません。

きだてさんによると、割り箸の紙袋を使うと良いとのこと。

割り箸の袋の端から指一本分あけた辺りが、ハンコを捺したい部分の丁度真下にくるように、紙の下に置きます。この後、普通にハンコを捺して紙袋をゆっくりと真横に抜くと・・・綺麗に捺印できてます!

普通にハンコを捺すと力が均等に伝わりにくく、割り箸の紙袋を敷くことで出来るわずかな段差によって、紙に力が集中し、綺麗に捺印できるとのこと。

割り箸の紙袋は2枚重ねになっているため、最も適した段差になりやすく引っ張りやすいので、特に上手く捺すことができるのだそうです。

重要なハンコを捺すときには、割り箸の紙袋を使ってみては。