大人用の冷えピタ、子供用の冷えピタ、ベビー用の冷えピタの違い この差って何ですか? 

冷えピタにお世話になっている人は多いと思います。冷えピタには、大人用、子供用、ベビー用とありますが、使い分けしているでしょうか?

この差って何ですか? 2016年5月29日放送にて、大人用の冷えピタ、子供用の冷えピタ、ベビー用の冷えピタの違いを紹介してました。



Sponsored Links



冷えピタの大人用、子供用、ベビー用には大きさの違いがありますが、その他にも違いがあるとのこと。

冷えピタのジェルには、皮膚が冷たいと感じるメントールが含まれています。

メントールは量が多いと子供の敏感な肌はピリピリとした刺激を感じやすいそうで、このため子供用の冷えピタは大人用よりもメントールの量を3分の1に減らしているそうです。

0~2歳のベビー用に関しては、赤ちゃんの肌は更に超敏感なのでメントールは含まれていないそうです。

冷えピタの熱を下げる仕組みは、ジェルに含まれる水分が蒸発するときの気化熱が肌の熱を奪うことで冷やすという仕組み。なのでメントールがなくても熱を下げる効果に問題はなし。

更にベビー用の冷えピタには、肌に刺激を与えないようにジェルに着色料も入っておらず、ジェルに苦味を加えて赤ちゃんがジェルを食べないように配慮されているそうです。

なので赤ちゃんには、家にあるからといって大人用は使わず、ベビー用を使いましょう。

 い


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.