スポンサーリンク

自分でペーパーナイフが作れる亀岡の鍛冶屋「将大鍛刀場」の「小刀製作体験」 大阪ほんわかテレビ 2020/10/11

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界で一つだけのペーパーナイフを自作できるという亀岡市の鍛冶屋「将大鍛刀場(まさひろたんとうじょう)」の「小刀製作体験」。

 

大阪ほんわかテレビ特別編 2020年10月11日放送、こだわりの逸品特集にて紹介。

 

自作のペーパーナイフ、自分で作るとはいえ、刀匠の将大さんが一から丁寧に作り方を教えてくれるので安心。

 

ペーパーナイフの材料は日本刀と同じ「玉鋼(たまはがね)」という鋼の棒。

 

まず火造りという工程で、鋼の棒を柔らかくなるまで熱し、金づちで叩き形を整えます。

 

焼刃土を刀身に塗る土置きの工程にて刃文をデザイン。

 

最後は焼き入れの工程。刀を熱し、その後、水につけて刀身を一気に冷やし硬くします。

 

水に浸けると土が少ない部分が急激に硬くなり、土が多い部分はゆっくり硬くなり、刃文ができるのだとか。

 

仕上げは将大さんに名前を彫ってもらって完成。

 

切れ味抜群のオリジナルペーパーナイフ。オンリーワンです。

 

「小刀製作体験」は要予約。刀鍛冶の職人気分を味わえること間違いなし!

 

【将大鍛刀場】

住所:京都府 亀岡市 本梅町西加舎 石敷32-1

将大鍛刀場 (yatte.me)

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました