スポンサーリンク

牛刀を使って20秒の早技でリンゴの皮を剥く 大阪ほんわかテレビ 2016/1/15

リンゴの皮むきは手馴れた人でも2分ほどかかっちゃいますが、なんと20秒でリンゴの皮むきをする達人がいました。

りんご

大阪ほんわか!?TV2016年1月15日放送にて紹介。

リンゴの皮剥きの早技の達人は、あんず園の石井正彦さん。

リンゴの皮を20秒で剥く早技は普通のナイフや包丁ではなく、牛刀を使ってました。

牛刀とは一般的な家庭で使う万能包丁よりも長くて重い包丁で、肉の塊りを切るのに都合よくできた包丁。石井正彦さん曰く、リンゴの早剥きはこれじゃないとできないとのこと。

やり方は・・・

まずリンゴの上下を切り落とし、包丁をリンゴに沿って滑らすように皮を剥いていきます。包丁は包丁自身の重さをいかしてテコのように動かし、リンゴは前に軽く捻るだけ。これであっという間にリンゴの皮が剥けました。

この牛刀を使うリンゴの皮の早剥きは熟練の技が必要ですので、まねは危険です。