日記などに明記することで裁判・捜査でストーカーの証拠となる 深イイ話 2014/1/20

ターゲットになると怖い、ストーカー

ストーカーに狙われた場合、ストーカーされた出来事を細かく人気などに明記することが重要だそうです。

1分間の深イイ話 2014年1月20日放送の身近な危険回避SPで紹介されました。



Sponsored Links



ストーカーの被害を受けた場合は、「家の前で待っていた」とか「会社を出たら待ち伏せされていた」とか、5W1H(いつ、誰が、どこで、何をしていたか)を記録しておくことが必要とのこと。

記録は日記でもかまわないそうです。

こういった被害を詳細に記録しておくことで、裁判や捜査での証拠とすることができるのだそうです。

いつストーカーの被害を受けるかわからないですからね。覚えておくといいと思います。

ちなみに、最近では小さいGPSがあるそうで、このGPSを車に設置したり、鞄に忍ばさせておくと、パソコンでそのGPSを持った人がどこにいるのか追跡ができるそうです。

ちょっと怖いですね・・・


スポンサーリンク




BLOG RANKING




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.