スポンサーリンク

覚えておくと便利な唐揚げ作りに役立つ裏技 大阪ほんわかテレビ 2019/11/23

唐揚げを自宅で揚げる人、覚えておくと便利な唐揚げ作りに役立つ2つの裏技。

唐揚げ

大阪ほんわかテレビ 2018年11年23日放送、身近なアレの使い方、お料理簡単裏技にて紹介。

冷凍鶏肉の自然解凍の時間を短縮する裏技

今日の献立は唐揚げ、でも冷凍鶏肉を解凍するのを忘れてた!って時に便利なのが自然解凍の時間を短縮できる裏技。

アルミ鍋を2つ使います。

通常の自然解凍では2時間ほどかかりますが、アルミ鍋を使えば15分で解凍が可能。

アルミ鍋を使った冷凍鶏肉の自然解凍の裏技のやり方は以下の通り。

  1. 逆さにした鍋の上に冷凍された肉を置く。
  2. その上に3センチほどの常温の水を入れた鍋を置く。
  3. 15分ほど経てば解凍終了。

解凍する冷凍鶏肉はジップロックビニールに入れておくのがオススメ。

これはアルミの熱伝導率の高さを利用しています。

下から空気中の温度、上から水の温度が冷凍された肉に、アルミの熱伝導率の高さによってどんどん伝えていくためすぐに解凍されるというわけ。

プロが使う唐揚げを作る裏技の材料

プロも唐揚げを作る際に使うという「おかき」。「おかき」を砕いて衣にするそうです。

食感がカリカリして面白いとのことで日本料理の職人さんがよく使うとのこと。

おかきを使った唐揚げの作り方は以下の通り。

  1. 袋におかきを入れる。
  2. ややおかきの形が残るように棒で上から叩いて砕く。
  3. 鶏肉に下味をつける。(ニンニク、生姜、薄力粉、片栗粉、卵白)
  4. おかきを鶏肉につけて揚げる。

おかき唐揚げ、めちゃ美味い!

おかきの食感を楽しむように、おかきの形を残しながら砕くのがポイント。

まとめ

唐揚げを作るとき、2つの裏技を覚えておくと便利かも。