スポンサーリンク

炊飯器のコンセントを抜かない方が良い理由は内臓電池にあり 初耳学 2019/9/8

炊飯器でご飯を炊いた後は節電のため、電源プラグを抜く人は多いと思いますが、実は炊飯器の電源プラグはなるべく抜かない方が良いです。その理由は炊飯器の内臓電池にあります。

炊飯器

林先生が驚く初耳学!2019年9月8日放送にて紹介!

炊飯器には時計機能のために電池が内臓されている

最近の炊飯器には時計機能が入っています。コンセントを抜くと電気が流れないため、時計を止めないように電池が内蔵されています。

コンセントを挿しておくと電源からの電気を使って時計は動きますが、コンセントを抜くと内臓電池の電気をどんどん消耗していきます。

最終的には電池が切れて電池交換が必要に。

炊飯器の電池交換は修理代が高額!

炊飯器の電池が切れれば交換すればよいと思ってしまいますが、電池交換は思うほか大変。

まず自分では電池交換はできません。修理に出す必要があります。

その修理代はなんと5000~8000円とのこと。めちゃ高い!

コンセントを挿しっぱなしでも1年間の電気代は約250円。節電のためにやっていた行為が逆に20倍以上の出費となります。

まとめ

節約のためとやっている事が裏目になることってありますよね。よくよく考えてやった方がよさそうです。

ちなみに炊飯器の内臓電池については、使用ユーザーも簡単に電池交換できるようにしたらいいのにね。

節約の関連記事】