スポンサーリンク

白い粉で判断!美味しい柿の見分け方 この差って何ですか? 2019/10/29

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「柿が赤くなれば医者は青くなる」と昔から言われる栄養が豊富な果物の柿。

 

スーパーで売っている柿をよく観察すると白い粉が付いている柿と付いていない綺麗な柿がありますが、よりみずみずしくて美味しいのはどちらでしょうか?

 

柿
Apro ChoiによるPixabayからの画像

 

この差って何ですか?2019年10月29日放送、旬の野菜とフルーツ!美味しいのはどっち!?美味しさを見分けるポイントにて紹介。

 

白い粉が付いた柿の方が美味しい!

柿の生産量が全国第1位の和歌山県紀の川市の柿農家の児玉典男さんによると、白い粉が付いた柿の方が白い粉の付いていない綺麗な柿よりも美味しいとのこと。

 

白い粉は農薬と間違える人が多いが、この白い粉は柿自身が自分を守るために出している粉。

 

白い粉はブルームというもので、水分の蒸発を防ぎ、みずみずしさを保つ物質。よって白い粉が付いている柿はみずみずしくて美味しいのだとか。

 

ツルツルで綺麗に見える柿よりも断然、白い粉が付いた柿を選ぶべき。

 

オススメの柿の食べ方

柿農家の児玉さんによると、柿は焼いて食べるのがオススメの美味しい食べ方とのこと。

 

七輪の上に乗せて焼いたり、焚火の中にアルミホイルで包んで入れたりして焼くと、柔らかくてトロトロとなり、カスタードみたいに美味しくなるのだとか。

 

家庭ではトースターで約20分焼くとトロトロ状態となります。

 

ブヨブヨになった柿を美味しく食べられる柿プリンの調理方法

柿を置いていたら知らない間に熟しすぎてブヨブヨになってしまった!って時に使えるが「ブヨブヨの柿を美味しく食べられる柿プリン調理方法」。

 

食感が悪くて食べづらい柿を3分で絶品の「柿プリン」に変身。

 

材料は柿と牛乳飲み。

 

柿プリンのレシピ

柿プリンのレシピは以下の通り。

  1. 柿を半分に切る。
  2. 柿の実をスプーンなどで取り出す。この時できるだけ皮にくっついた部分も取り出すのがコツ。
  3. 柿の実をミキサーに入れ、牛乳を柿の量の半分弱ほど加える。
  4. 滑らかになるまでミキサーにかける。
  5. 耐熱容器に移す。
  6. ラップをかけて電子レンジでチンする。柿1個分の場合は、500wで1分20秒ほど加熱。
  7. 固まったら柿プリンの完成。

 

柿プリンは優しい味で、生クリームを乗せたら市販のケーキと言ってもおかしくないくらい美味いとのこと。

 

柿がプリンのように固まる仕組みは、柿に含まれるペクチンと牛乳のカルシウムが合わさると固まる性質を持つため。

 

この柿プリンを電子レンジで加熱せずにそのまま冷蔵庫で冷やすと滑らかな柿プリンに仕上がるとのこと。

 

まとめ

美味しい柿は白い粉が付いたもの。柿は焼くと美味しく食べれる。ブヨブヨに熟しすぎた柿は柿プリンにして食べる。

 

柿が好きな人は覚えておきましょう。

 

フルーツの関連記事】

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました