スポンサーリンク

バスタオルと輪ゴムを使い1日5分寝るだけで若返る方法 ソレなら5分で出来ますよ。2017/12/22

横向き寝

お金をかけず、寝るだけで簡単に若返るなら知りたいですよね。

バスタオルと輪ゴムを使い1日5分寝るだけで若返る方法があるとのこと。

ソレなら5分で出来ますよ。2017年12月22日放送にて紹介。

針灸治療院院長が教える1日5分寝るだけで若返る方法

教えてくれたのは東京五反田にあるアスカ針灸治療院の院長、福辻鋭記先生。

使う道具はバスタオルと輪ゴムだけ。バスタオルと輪ゴムを使った寝るだけの若返り方法のやり方は以下の通り。

  1. 大きめのバスタオルを4つ折りにし、2枚重ねてロール状に固めに巻く。
  2. このタオルを腰の下に置き、仰向けに寝る。タオルの位置は、おへそがタオルの真ん中にくるくらい。
  3. 脚を肩幅に開き、肩幅に広げた足を絞るように内側にし、両足の親指をくっつけ輪ゴムで固定する。
  4. 両腕は頭の上にし、しっかりと伸ばし、この時、手の平は下に、両手の小指をつける。
  5. この状態で5分間寝る。

この寝方で1日5分行うだけ。

ちょっと腰が浮いた状態となりますが、これが骨盤が閉まる状態となるのだとか。

骨盤を閉めることで体の中から若返る

内臓は年齢と共にどんどん下垂してきます。そこで骨盤を閉めてやると内蔵が上に持ち上がります。

若かりし頃の内臓の位置に戻すことで、内臓が活性化されるため、体の中から若返るのだとか。

内臓が上に上がることで、ぽっこりお腹も解消されるとのこと。

脚を内側に絞ると筋肉が若い頃の状態に戻る

脚をハの字に内側に絞ると、太ももや膝下の筋肉が内側に寄ります。これが本来の筋肉のあり方なのだとか。

お爺さんやお婆さんは蟹股の人が多いですが、これは脚の筋肉が外側へと向いている状態。

脚を内側に絞り輪ゴムで固定することで、筋肉が若い頃の一番状態に戻るのだそうです。腕もしかりです。

1日5分寝るだけで若返る方法のまとめ

一日に5分寝るだけで若返る方法とは、骨盤を閉め、内蔵と筋肉を若い頃の位置に戻してやるというのが肝でした。

簡単でお金もかからないので駄目もとでトライしてみても良いかも。

健康の関連記事】