スポンサーリンク

チーズボーイが教える絶対流行る国産チーズ3選! 初耳学 2020/3/22

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チーズは、2010年以降、毎年ヒット商品を生んでいる人気の食べ物。

 

コンビニスイーツから外国産のチーズフードなど、日夜新たな流行が生まれているとのこと。

 

 

今回、チーズフリークのチーズボーイさんが、林先生が驚く初耳学!2020年3月22日放送で、今年絶対流行るという国産チーズを紹介。

 

チーズフリークのチーズボーイ

チーズフリークのチーズボーイさんは、本職は芸歴13年となる芸人さん。

 

芸人でありながら、超難関のチーズプロフェッショナルの資格を持ち、今まで食べたチーズは500種類以上という。

 

プロ顔負けのチーズの知識で、飲食店のチーズレシピを考案するなど飲食店にアドバイスすることも。

 

チーズと言えばフランスとかイタリアなどのヨーロッパ産をイメージが強いですが、ここ数年では日本のチーズの評価が上がっているとのこと。

 

ヨーロッパの職人たちも日本のチーズが美味しいと評価しているのだとか。

 

そんなチーズフリークのチーズボーイさんが2020年に絶対流行るとして紹介した世界が絶賛する国産チーズトップ3は以下の通り。

  • 森のチーズ(チーズ工房那須の森)
  • ブルーチーズ(アトリエ・ド・フロマージュ)
  • フロマージュ・ド・みらさか(三良坂フロマージュ)

 

ワールド・チーズ・アワード2019金賞受賞の森のチーズ

栃木県那須塩原市にある「チーズ工房那須の森」の「森のチーズ」は、ワールド・チーズ・アワード2019で金賞を受賞したチーズ。

 

主人の落合一彦さんは元農林水産省研究者。定年後に様々な海外産チーズを食べながら独自にチーズの研究を続け、一切添加物を使わない完全無添加にかだわってチーズを作っているのだとか。

 

チーズ作りは発酵のコントロールが難しく、発酵調剤などで製品の均一化を図る。しかし、ここでは温度や湿度、カビの繁殖具合など十年以上をかけてベストのバランスを開発。完全無添加の製法を生みだしたとのこと。

 

この技術を駆使して開発したのが「森のチーズ」(100g, 780円税込み)。無添加だからこそ生まれるミルク本来の甘みやコクがいっそう引き立った味で交際コンテストのワールド・チーズ・アワードでもクリーミーで味が長続きするとして見事金賞を受賞。

 

【チーズ工房 那須の森】

住所:栃木県那須塩原市戸田738-4

チーズ工房 那須の森

那須の森 森のチーズ

 

チーズボーイの森のチーズのオススメの食べ方

チーズボーイさんの「森のチーズ」のオススメの食べ方は、「チーズフォンデュ」。

 

加熱することでミルクのコクがより一層引き立つのだとか。

 

シンプルにチーズの味がフッと来て繊細な味がするとのこと。

 

キャラメルのような味のブルーチーズ

長野県東御市にある「アトリエ・ド・フロマージュ」は1982年に創業。チーズ業界では老舗。

 

「アトリエ・ド・フロマージュ」の「ブルーチーズ」(100g、1,400円税抜き)はまるでキャラメルのような超濃厚なブルーチーズ。

 

ブルーチーズと言えば、普通は塩気だったり青カビの風味が強く結構好き嫌いが分かれるのですが、このブルーチーズは苦手な人でも食べられるブルーチーズなのだとか。

 

ブルーチーズは、通常、空気が触れることで青カビを熟成させて作る。ここ「アトリエ・ド・フロマージュ」ではカビが育ちきる前にアルミ箔を巻き成長を抑制。抑制することで青カビの風味を適度に残しながら癖のない味わいとなるのだとか。

 

この「ブルーチーズ」は、本場フランスとは全く違う日本らしいまろやかな風味がまるでキャラメルのようだと新鮮な印象を与え、2015年の国際コンテストのモンディアル・デュ・フロマージュで最高金賞を受賞。

 

【アトリエ・ド・フロマージュ】

住所:長野県東御市新張504-6(本店)

アトリエ・ド・フロマージュ

アトリエ・ド・フロマージュ ブルーチーズ

 

チーズボーイのオススメのブルーチーズの食べ方

チーズボーイさんの「アトリエ・ド・フロマージュ」の「ブルーチーズ」の食べ方は、ピザ。

 

あえてブルーチーズのみをのせて焼くことでより一層キャラメルのような風味が引き立つとのこと。

 

柏の葉を使った白カビチーズ、フロマージュ・ド・みらさか

「フロマージュ・ド・みらさか」を作っているのは、広島県三次市にあるチーズ工房「三良坂フロマージュ」。

 

オーナーは松坂正典さん。2年かけて山を開墾し牧場を作ったのだとか。チーズに使うミルクはこの牧場のミルク。

 

山の草を食べた牛から出るミルクは緑の風味が薫り爽やかな味わいになるとのこと。

 

「フロマージュ・ド・みらさか」の特徴は、オーナーのオリジナル製法となるかしわ餅に巻く柏の葉でチーズを巻くこと。柏の葉がチーズの適度な水分を保持し、クリーミーな食感に。

 

また、柏の葉で巻かれたチーズは、木々の香りを感じさせる爽やかな味わいになるのだそうです。

 

この「フロマージュ・ド・みらさか」、国際チーズコンテストの2013モンディアル・デュ・フロマージュで銀賞を受賞。

 

国際線ファーストクラスの機内食でも提供されたのだとか。

 

【三良坂フロマージュ】

住所:広島県三次市三良坂町仁賀1617-1

三良坂フロマージュ

三良坂フロマージュ フロマージュ・ド・みらさか

 

チーズボーイのフロマージュ・ド・みらさかのオススメの食べ方

チーズボーイさんの「フロマージュ・ド・みらさか」のオススメの食べ方はベーコンの包み焼き。

 

ベーコンでこのチーズを包んでオーブンで焼き上げたもの。

 

ベーコンの中で香りが凝縮し、トロッとした食感と爽やかな香りが広がりめちゃ美味しいとのこと。

 

まとめ

チーズって外国産が美味しいのかと思ってましたが、日本産のチーズも美味しいんですね。

 

チーズの関連記事】


コメント

タイトルとURLをコピーしました