スポンサーリンク

洗っても乾かすと曇ってしまう曇りが取れないグラスを綺麗に洗う方法 そのニュースで得する人損する人 2016/1/7

洗っても取れないグラスの曇り。

グラス

あのニュースで得する人損する人 2016年1月7日放送で紹介。

教えてくれたのは、家事えもん。

家事えもんによると、洗っても取れないグラスの曇りは水道水の水垢(カルシウム)が原因。洗剤で洗うと綺麗になったように見えますが、水分が蒸発すると、カルシウムが残って曇るというわけ。

この曇ったグラスをピカピカにするには、重曹とラップを使います。

重曹は結晶なので研磨剤とし、ラップはスポンジの代わりとして使います。ラップは穴がなく柔らかいので研磨剤の効果を最大限に活かせます。

重曹とラップを使ったグラスの洗浄方法は以下の通り。

  1. グラスを水で濡らす。
  2. 重曹をひとつまみ入れる。
  3. ラップで磨く。
  4. すすぐ。

これで見違えるほどピカピカに!

ちなみに水垢を除去するなら、クエン酸水で溶かすという手もあるんじゃないかと思いましたがどうなんでしょう?