スポンサーリンク

間違った薬の飲み方をしてませんか? この差って何ですか? 2019/5/28

勘違いして間違った薬の飲み方をしてませんか?薬は正しい飲み方で服用しましょう。

薬

この差って何ですか?2019年5月28日放送、正しい薬の飲み方にて紹介。



Sponsored Links



必ず食後に薬を飲まなければならないは間違い

薬剤師の川口翔子先生によると、薬に「食後に飲んでください」と記載されている場合、胃が荒れるために必ず食後に薬を飲まないといけない・・・は間違いとのこと。

今の薬は進化しているため、空腹時に飲んでも胃が荒れることはほとんどないのだとか。

「食後」と書かれているのは、毎回食後の決まった時間に薬を飲むことができるので、飲み忘れを防ぐことができるため。

薬を飲み忘れてまとめて飲むのは間違い

薬を飲み忘れた場合、どうしたら良いのでしょうか?

川口翔子先生によると、薬を飲み忘れてしまったからまとめて飲むのも間違いとのこと。飲み忘れても1度に飲む薬の用量は必ず守らないとけません。

1度に飲む薬の容量が多いと、薬の効果よりも副作用の悪影響の方が大きい可能性があり、心配です。

薬は上を向いて飲むのも間違い

薬を飲む際に上を飲む人、多いかも。実は薬は上を向いて飲むのは間違い。

薬には粉末タイプ、錠剤、カプセルタイプがありますが、カプセルは特に上を向いて飲むのはNG。

カプセルは水に浮きます。カプセルを水と一緒に上向きで飲むと薬が口の中で浮きます。そうすると水だけを飲んでしまい、カプセルが残って喉に貼り付く恐れが。カプセルが喉に貼り付くと喉を荒らしてしまいかねません。

また、上を向いて飲むと気管の入り口が普段よりも開くため、気管に入ってしまう可能性があり危険です。

カプセルは下向きで飲むのがオススメ。下向きで飲むことで気管が閉じ、水に浮いたカプセルが口の奥まで流れて行くため、水でカプセルを流し込むのが容易となります。

風邪薬と栄養ドリンクを飲むのは間違い

風邪をひいて、早く直そうと風邪薬と栄養ドリンクを飲むのも間違い。

栄養ドリンクにはカフェインが含まれています。また、風邪薬にもカフェインが含まれているものが多いです。

なので一緒に飲んでしまうと、カフェインの摂りすぎとなり、頭痛などの副作用を引き起こす可能性があるとのこと。

薬の飲むときは水がベスト

薬は、基本的には水で飲むのがベスト。コーヒーやお茶で飲むのはオススメしないとのこと白湯はOK。

また、水にはミネラルウォーターがありますが、薬によってはミネラルと結合して体への吸収を阻害してしまうことがあり、ミネラルの多い硬水はやめた方が良いとのこと。

服用時にはお酒は控える

薬の服用時には、お酒は控えるべきとのこと。アルコールも薬も肝臓で分解するので、薬を飲んでアルコールも飲むと肝臓に負担がかかり過ぎます。

薬の服用中はお酒は我慢しましょう。花粉症の薬を服用しているときも同じくお酒は控えましょう。

目薬の保存方法と使用期限にも注意

目薬を冷蔵庫で保存するのも間違いとのこと。ポイントは目薬の凍結で、目薬が凍結を起こすと目薬の成分が損なわれてしまいます。

目薬は日が当たらない常温の場所で保存するのがオススメです。

目薬には使用期限が記載されてますが、この使用期限は未開封の場合の使用期限。開封されたら適用されないので注意。基本的には、開封後、1週間~1ヶ月とのことですが、目薬によって期限は異なるため、専門家に確認しましょう。

まとめ

薬は飲み方によっては薬の効果が薄れたり、危険な場合もあります。薬の説明書を良く読み、または専門家に確認して、正しい飲み方ができるように注意しましょう。

病気の関連記事