スポンサーリンク

デジタル眼精疲労を改善する3つの方法 教えてもらう前と後 2020/3/3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

近年、スマホやパソコンなどの使用過多で目が疲れや目の疲れにより全身に不調を招く新しい病が流行っているとのこと。

 

スマホ,PC

 

この眼精疲労をデジタル眼精疲労と呼びます。

 

教えてもらう前と後、2020年3月3日にて、デジタル眼精疲労を改善する3つの方法を紹介。

 

デジタル眼精疲労改善方法①空を見る

デジタル眼精疲労をまず改善する方法その①は、空を見ること。

 

目は遠くの景色でリラックスするのが良いとされています。都会では遠くの景色といえば空。空を見ることで目がリラックスされるとのこと。

 

ポイントとしては雲のかかった空を見ること。

 

雲一つない青空はブルーライトがたくさん出ており、このブルーライトが眼精疲労を悪化させるのだとか。

 

ブルーライトはパソコンやスマホなどLEDディスプレイに含まれる青い光のことで、これを目に浴びすぎると眼精疲労が進行する危険性があります。

 

雲一つない青空からはパソコンの約3倍のブルーライトが降り注いでおり、よってブルーライトが少ない曇り空を見るのが好ましいとのこと。

 

デジタル眼精疲労改善方法②目を冷やして温める

目の疲れは冷やすのが良いのでしょうか?温めるのが良いのでしょうか?

 

正解は冷やして温める!

 

目の周りを通る毛細血管を冷やし、その後に温めて緩めれば筋肉がほぐれ血行が良くなるのだとか。

 

手順は以下の通り。

  1. 濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やす。
  2. 入浴中に湯船で冷たいタオルを目に1分間当てる。
  3. その後、湯船でタオルを温め、再び目に3分間当てる。
  4. 後はリラックスしたら終了。

 

この目を冷やして温めるを入浴ごとに繰り返すことで眼精疲労の緩和が期待できるとのこと。

 

デジタル眼精疲労改善方法③歯ブラシを使う

デジタル眼精疲労を改善する方法の中で最も手軽にできるのが歯ブラシを使う方法。

 

歯ブラシの柄の先をこめかみの窪みのところに当てるだけで眼精疲労の改善が期待できるのだとか。

 

歯ブラシを使ったデジタル眼精疲労を改善する手順は以下の通り。

  1. 歯ブラシを逆さに持つ。
  2. こめかみの窪みに当てる。
  3. 強めに10秒刺激。
  4. これを左右行う。

これで完了。目の周りの血流が良くなって筋肉がほぐれるとのこと。

 

1日1回でOK。指で行っても問題はないが、歯ブラシの方が気持ちの良い強さを得られるのだそうです。

 

まとめ

デジタル眼精疲労が気になる方は、デジタル眼精疲労を改善する3つの方法を試してみましょう。

 

の関連記事】


コメント

タイトルとURLをコピーしました