スポンサーリンク

病院で血液検査をしなくても高コレステロールかわかるチェック方法 この差って何ですか? 2019/4/9

心筋梗塞や脳梗塞の原因にもある高コレステロール。自分が高コレステロールかどうかは、病院で検査すればわかりますが、いちいち病院で検査するのも面倒だし、お金もかかります。

病気

実はアキレス腱で自分が高コレステロール状態なのか簡単にわかるのだそう。

こ差って何ですか?2019年4月9日放送、放っておくと・・・病気になってしまう状態の時に体に現われるサインの差にて紹介。



Sponsored Links



アキレス腱の幅で高コレステロールなのかがチェックできる

アキレス腱で高コレステロールかどうかチェックできる方法を教えてくれたのは、医学博士の内山明好先生。

チェック方法は簡単。

  1. 椅子に座って足を組む。
  2. アキレス腱の1番細いところ(くるぶしの後ろくらい)を指で摘む。
  3. 指と指の間の長さを測る
  4. この長さ(アキレス腱の太さ)が1.5センチ以上であれば高コレステロールである可能性が高い

内山先生によると、アキレス腱は体の中でもコレステロールが溜まりやすい場所とのこと。

実はコレステロールは傷を修復する大事な脂質。

アキレス腱には常に体重がかかっており、アキレス腱の組織は傷が付きやすい部位です。この傷を修復しようと、近くの血管からコレステロールが染み出してきます。

コレステロールが高い人は、このコレステロールがアキレス腱にどんどん染み出して溜まり、アキレス腱が膨らんでくるのだとか。

相当コレステロールが高い人は、アキレス腱の太さが2センチ以上にも膨らむ人もいるそうです。

心筋梗塞の10人に1人は1アキレス腱の太さが1.5センチ以上というデータもある

ご存知だと思いますが、高コレステロールの人は心筋梗塞になりやすいと言われています。

心筋梗塞を発症した人の10人に1人はアキレス腱の太さが1.5センチ以上あったというデータもあるとのこと。

黄色腫のしこりもコレステロール値が高い証

目の周りに黄色腫(おうしょくしゅ)というしこりができるのもコレステロール値が高い証。これもコレステロールが染み出してふくらみを作っているのだとか。

あのレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」の左目の周りをよく見るとしこりが見えます。このことから、モナ・リザもコレステロール値が高かったのでは?と考えられています。

黄色腫があったら病院で血液検査をするのが良いかもしれません。

脳梗塞かどうかをチェックする方法

高コレステロールの人は、脳梗塞も発症しやすい病気の一つ。自分が脳梗塞かどうかをチェックする方法も紹介されました。

  1. 背筋を立てて真っ直ぐ立つ
  2. 手のひらを広げ、腕を肩の高さまで上げて目をつぶる
  3. そのまま10秒数える
  4. 腕を動かさずに目を開ける
  5. 両腕の位置が動いていなければセーフ

上記の方法で腕の位置が動いていなければ正常なのですが、片方の腕が下がっていると脳梗塞予備軍の可能性があるとのこと。医者に相談してみましょう。

まとめ

高コレステロールは、心筋梗塞や脳梗塞を招く可能性があります。紹介された高コレステロールかどうかをチェックする方法は簡単なので、定期的にチェックしましょう。

気になる人は、病院で検査を受けることをオススメします。

病気の関連記事】