スポンサーリンク

引越し料金を2割安くする魔法の言葉! 初耳学 2020/3/8

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本人は人生の中で平均4、5回は引越していると言われています。

 

引越し

 

引っ越し業者の料金はできるだけ安く抑えたいもの。 引越しフリークの「たかくら引っ越しセンター」によると、引越し料金を2割安くする魔法の言葉があるとのこと。

 

林先生が驚く初耳学!2020年3月8日放送にて紹介。

 

日程はお任せします!で引越し料金2割安

「たかくら引越しセンター」とは、引っ越し会社の社長も兼任している芸人さん。お笑い芸人でありながら引越し会社を経営。特にプライバシー保護を重要視しているため、芸能人からの指名が多く、年商は1億円を越えているらしい。

 

たかくら引っ越しセンターさん曰く、引越し料金を約2割安くする魔法の言葉とは、

 

日程はお任せします!

 

です。

 

これを引越し会社に言うことで2割は安くなるとのこと。

 

日程を任せることで引越し料金が安くなる理由

たかくら引越しセンターさん曰く、引っ越し会社に日程を任せることで引越し料金が安くなる理由は、都合の良い日時に引っ越しを組めるから。

 

引っ越し会社は、この日はアルバイトが多いから引越しをたくさん入れたいとか、この日は全然予定が入っていないからここに引っ越しを入れたいとか、配車表にパズルのように引越しを組み合わせていきます。

 

そんな時に日程はいつでもいいというお客様は、引越し会社にとって神様なのだとか。

 

当然可能な限り料金も安くなるとのこと。

 

「安くなる日はどこですか?」と聞いてもOK!

 

引越しの相場は一人当たり30,000円

引越し料金が高いのか安いのかは、国内都道府県の一人当たりの相場を覚えておくと便利。

 

一人当たりの引越し料金の相場は、約30,000円(通常期)とのこと。

 

よって四人家族の場合は約12万円となります。

 

この3万円を基準とし、時期や距離、荷物の量で値段が上下します。

 

繁忙期の3月では特別料金が設定。その料金の差は、なんと3倍以上にもあるのだとか。

 

相場は一人当たり約10万円!

 

通常期と比べるとかなりの損です。

 

できれば3月は避けたいところですが、どうしても3月に引越ししなければいけない時は、魔法の言葉「日程はお任せします」「安くなる日はどこですか?」を覚えておくといいでしょう。

 

まとめ

引越しの時期は3月を避ける。引越し料金を2割安くする魔法の言葉を使う。この2つを覚えておくと引越し費用を抑えることができるでしょう。

 

ちなみに、良かれと思って引越しの当日に素人の引っ越しの手伝いを呼ぶのは、引越し業者にとっては迷惑だそうな。

 

人手が多いと良いと思って身内や知人などを呼ぶと、引越しのスタッフとの連携やリズムがずれたり、そもそも動きが鈍いので無駄に時間がかかるとのこと。

 

また、たまに依頼人が物を壊すケースがあり、引越しスタッフ以外の者が物を壊すと保険が降りないという深刻な問題も。

 

引っ越しの際は、引越し業者のスタッフ達に任せましょう。

 

引越しの関連記事】

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました