スポンサーリンク

完結名作漫画「ソウルリヴァイヴァーSOUTH(サウス)」 マンガ沼 2021/4/11

かまいたち 山内健司さんオススメの完結名作漫画「ソウルリヴァイヴァーSOUTH(サウス)」。

 

ソウルリヴァイヴァーSOUTH

 

川島・山内のマンガ沼、2021年4月11日放送、一気読み推奨!「完結名作マンガ」プレゼン大会にて紹介。

 

3巻で完結する藤沢とおる先生の名作漫画「ソウルリヴァイヴァーSOUTH」

「ソウルリヴァイヴァーSOUTH」は3巻で完結する完結名作漫画。作者はあのGTOの藤沢とおる先生。

 

2014年から2016年、月刊ヒーローズにて連載。

 

ソウルリヴァイヴァーとは、聞きなれない単語ですが、人の死後の世界、死界に自由に出入りできる人間のこと。

 

しかも死界にいる罪のない人間を、死界から連れ戻すことができる能力を持つ。

 

主人公は神里ナキ。謎の美女ユキと出会い死と無のはざまの「死界」で魂の救出をし、ソウルリヴァイヴァーとして戦うファンタジーアクション。

 

SF・ファンタジーっぽいソウルリヴァイヴァーの設定を聞くと、GTOの藤沢とおる先生のイメージとはかけ離れた漫画のイメージです。SF?ファンタジー?漫画も守備範囲なんですね。

 

ソウルリヴァイヴァーの正義と悪の戦いの壮大なファンタジーアクションの話

死界(あの世)には鬼と呼ばれる無たくさんのゴブリンがいて、このゴブリンに襲われ死んでしまうと、下の階層に落ちます。下に行けば行くほど強いゴブリンが出現。

 

ソウルリヴァイヴァーは、このようなゴブリンと戦い勝てる力を持つ。

 

またソウリヴァイヴァーには、力を悪用するものがおり、正義のソウルリヴァイヴァーとの戦いが繰り広げられます。全3巻で完結するとは思えない壮大なストーリーです。

 

なんで3巻で終わったんですかね?

 

かまいたちの山内さん曰く、連載を続けようと思えば伸ばしに伸ばせるところを、一切遊びを入れず、ストーリーをギュッと凝縮させた漫画なのだとか。

 

他の漫画家が描いた「ソウルリヴァイヴァー」もあり!

実は、他の漫画家が描いた「ソウルリヴァイヴァー」という作品もあり。

 

作画は秋重学先生。原案が藤沢とおる先生。

 

実は秋重学先生の「ソウルリヴァイヴァー」は、月刊ヒーローズで2012年から2014年まで連載。

 

「ソウルリヴァイヴァーSOUTH」よりも連載期間が古い。

 

「ソウルリヴァイヴァー」が凄い好評だったので、藤沢先生自ら「ソウルリヴァイヴァーSOUTH」を描いたという感じとのこと。

 

「ソウルリヴァイヴァー」は全6巻。

 

「ソウルリヴァイヴァーSOUTH」の口コミ・レビュー

「ソウルリヴァイヴァーSOUTH」の口コミ・レビューは以下の通り。

 

ソウルリヴァイヴァーSOUTH Amazon カスタマーレビュー

 

さすが藤沢とおる先生の漫画。人気は高い。

 

 

漫画の関連記事】

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました