スポンサーリンク

温泉玉子を簡単に作る裏技 大阪ほんわかテレビ 2021/4/2

家で温泉玉子を作るのは想像以上に難しい。

 

そんな温泉玉子を簡単に作る裏技

 

大阪ほんわかテレビ、2021年4月2日放送、インターネットの裏技大検証にて紹介。

 

卵

 

キッチンペーパーを使えば簡単に温泉玉子が作れる

温泉玉子を家で作るのが難しいのは温度管理が大変だから。

 

温泉玉子のプルップルの半熟白身、トロットロの半熟の気味を再現するためには、絶妙な温度管理が必要です。

 

特に忙しいときには温度管理に神経を使う訳にはいきません。

 

そこでキンチンペーパーを使って温泉玉子を作る裏技。

 

温泉玉子をキッチンペーパーを使って作る手順は以下の通り。

 

  1. キンチンペーパー2枚を用意。
  2. 2枚を重ねて生卵を包みます。
  3. 水筒のお湯で濡らしておきます。
  4. 小さめの鍋でお湯を沸騰させてから火を止めます。
  5. キッチンペーパーで包んだ生卵を投入します。
  6. 蓋をし、18分待ちます。

 

これで理想の温泉玉子の出来上がり!

 

キッチンペーパーにによって最適な温度を保つため理想の温泉玉子ができる

温泉玉子は約70℃の温度を保つ必要があり、熱すぎると卵は固まってしまいます。

 

キッチンペーパーで卵を包むことで、卵に熱が伝わるのをやわらげ、じわじわと温度が卵に伝わるため、黄身は程よく固まり、白身は柔らかな状態に仕上がるというわけ。

 

まとめ

温泉玉子を簡単に作るには、2重のペーパータオルで生卵を包み、お湯の余熱でじわじわと温める。

 

これで理想の温泉玉子を堪能できます!

 

*片栗粉を使う裏技もあり!

意外と難しい温泉卵を誰でも失敗せずに簡単に作れる方法 得する人損する人 2016/5/19

 

たまごの関連記事】


コメント

タイトルとURLをコピーしました