スポンサーリンク

癒される乾杯の音色!究極のおちょこ「Kanpai Bell」 大阪ほんわかテレビ 2021/4/9

乾杯の音色にこだわった究極のおちょこ 「Kanpai Bell」。

 

大阪ほんわかテレビ、2021年4月9日放送にて紹介。

 

Kanpai Bell

 

おりんメーカーが作った澄んだ音が鳴る「Kanpai Bell」

「Kanpai Bell」は2つセットで16,500円もする高級おちょこ。

 

作ったのは創業1889年のおりん製造が本業の小泉製作所

 

「Kanpai Bell」は長年培ってきたおりん作りのノウハウを生かして開発。飲む人のために、とことん乾杯の音色にこだわったおちょことなっています。

 

小泉製作所がある高岡市は銅を使った製品の約9割を生産する銅器の街。銅器の街でおりんを作り続け、澄んだ音を鳴らす技術を蓄えてきた会社が小泉製作所。

 

「Kanpai Bell」の素材は銅に亜鉛などを混ぜた真鍮。熱伝導率が非常に高いため、冷えた日本酒常にキンキンに飲むことが可能とのこと。

 

材料の真鍮を機械で削って飲み口は約1mmの厚さに。厚みが少しでも変わると生じる音に違いが出るのだとか。

 

水の量で音色が変わる「Kanpai Bell」

液体が「Kanpai Bell」に入っていない状態では、音はL(D7)で統一。

 

水を入れる量によって音色が変わります。水をいっぱい入れるとド(C#)の音。

 

水の漁によって音色が変わるため、何度も乾杯がしたくなるのもこの「Kanpai Bell」の魅力。

 

レーザーで名前やメッセージの刻印を入れるサービスもあるので、贈り物の場合、この刻印サービスを利用するのもオススメ。

 

まとめ

音色にこだわったおちょこ「Kanpai Bell」。

 

乾杯の音色に癒されましょう。

 

 

食器の関連記事】


コメント

タイトルとURLをコピーしました