スポンサーリンク

どの巻き方が暖かい?暖かいマフラーの巻き方の差 この差って何ですか? 2020/1/21

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マフラーには色々と巻き方がありますが、どの巻き方が暖かいのでしょうか?

 

マフラー

 

この差って何ですか?2020年1月21日放送にて紹介。

 

3種類のマフラーの巻き方

今回検証された3種類のマフラーの巻き方は以下の通り。

  • 二重巻き
  • ワンループ巻き
  • アスコットタイ巻き(ネクタイ巻き)

 

二重巻きはマフラーを首にかけて両端を後ろに回す巻き方。

 

ワンループ巻きとは二つに折ったマフラーを首にかけて輪っかになっている部分にマフラーの端を通す巻き方。

 

アスコットタイ巻き(ネクタイ巻き)とは、首にかけたマフラーを前でクロスして首元にできた輪っかに生地を通す巻き方。

 

女性に上の3つの巻き方でマフラーを巻いてもらい検証。

 

マフラーはワンループ巻きが圧倒的に暖かいという結果に

実験の結果、マフラーはワンループ巻きが圧倒的に暖かいという結果になりました。

 

室温10℃の部屋で3つの巻き方をそれぞれ30分間、女性に巻いてもらい、マフラーを巻く前と巻いた後の体温の変化をサーモグラフィで測定。

 

30分後にマフラーを外し首回りの温度を確認。するとワンループ巻きが圧倒的に暖かいことがわかりました。

 

東京服飾専門学校の古賀由紀夫先生によると、二重巻きとアスコットタイ巻きは生地が2重でだがワンループ巻きは生地が4枚重なり。確実に首元で空気を遮断。服の中の温かい温度を逃がさず、外からの外気も効果的に防げるのだとか。

 

手も温まるワンループ巻き

ワンループ巻きの場合、更にマフラーや洋服に覆われていないのに体温が上がっている部分がありました。それは手。

 

二重巻きとアスコットタイ巻きの場合は手は温まっていないが、ワンループ巻きは手が温まってました。

 

首には大きな血管が通っており血流が良くなると手足の先まで血流が行き届きより温かくなり、全身が温かくなるのがその理由。

 

マフラーを口元に当てて巻くと更に温かくなる

マフラーは口元に当てて巻くと更に温かくなるのだとか。

 

マフラーの生地にはウールやカシミヤなどの素材が使われていますが、これらの繊維は息から出る水蒸気に繊維が反応し発熱する性質があるとのこと。

 

まとめ

寒さが厳しい時は、マフラーはワンループ巻きで巻きましょう!

 

 

豆知識の関連記事】


コメント

タイトルとURLをコピーしました